スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ストーリー 

コメントに物語を!!

録音技術、レコードの旅、磁気読取マシン、vinylの聖書

地球上から鳴らされた音楽は消えることなく宇宙空間を旅した。

第18銀河の惑星の人々は遥か彼方の惑星から発信されるその音楽に魅了され、憧れた。時は経ち、宇宙航海時代に突入した。その惑星星人はあの音楽が鳴らされる地球を目指した。

時は2399年。

乗組員は五人。


しかし地球は荒廃していた…

みたいな?
ようはかつて宇宙に発信された音楽を受け取って未来、地球に来るエイリアンがDJやる人たちなのね。

彼らはそういった音楽が発信されなくなった地球に来て、もう一度レコードを掘り起こして、レコードを聴いてそこに染み付いた磁場を読み取ることで、パーティーやDJを知る。そしてその音楽やメッセージ、パーティーが今の地球に必要なものだと確信する。
彼らを慕って若者が集まり出す。
若者たちは各人レコードを掘り起こして、ひとりひとり神を発見していく。無政府!若者たちにとってDJとは伝導師で、司祭。神の言葉を操るもの。
祭壇が用意される。


~サイドストーリー~

クローン人間。環境問題の最終解決策は、外部要因が何であろうと、永遠の生を手に入れることだった。

クローン人間が解禁され、たのは、22世紀の初頭。人々は自らのDNA情報を全創造主会に預けた。全創造主会は、これらの情報を軍需産業に高く売り付け、多くの永遠に再誕する人々が誕生した。

過剰な再誕は法律によって抑制されていたが、ある戦争が勃発すると兵力として過剰な再誕が行われ、殺戮が殺戮を呼び込み、連鎖し、留まることを知らなかった。

死はその偉大な意味を失い、生も同様だった。

終わらない戦争が始まった。

多くの都市がその機能を失い、核兵器使用により、太陽を人々は失った。

多くの環境問題が再発したが、人々にとってそれは無意味だった。如何に環境が悪かろうが、再誕すればよかったのだから。
スポンサーサイト
[ 2037/01/01 00:00 ] ストーリー | TB(0) | CM(9)

覚書 

・内部に喫煙ブースを
⇒店側により却下(2/20)
・おかしな名前のドリンク
・お客さん参加型の何かを
・スピーカーを増やす事は可能か
・照明装置はどうするか

以下、アイディアをコメントに!!
[ 2009/02/19 02:23 ] 覚書 | TB(0) | CM(4)

凸 

・祭壇
・ブースにミラーボール
・後ろから光を照射
・水を投影
・熊手
・切り株の年輪とレコード
・白いビニールテープ
・アダムレコードとイブレコード
・階段から凸る

こないだ出たの+α

・シンボリックな何か。
・円と三角。
・OHP。
・布と裂け目。
・仮面。
・光る野菜。
・流木。
・光の洪水と違法感つうか。
・枝。

・怪文書
・自由出版新聞
[ 2009/02/19 02:16 ] | TB(0) | CM(3)

ブース作成 

2/21 採寸
現ブース
高さ95cm
横 152cm
幅 46cm

2/22 材料洗い出し&予算組み
3/14 買い出し
3/15 作成
[ 2009/02/19 02:13 ] ブース作成 | TB(0) | CM(2)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。